scylladb-usergroup-jp

ScyllaDBユーザ―グループ

Group Description

ScyllaDBユーザーグループ

ScyllaDB(Scylla、スキュラと読む)ユーザーグループは、ScyllaDBに関する情報発信、会員相互間の情報共有などを目的として設立しています。

[本系]

ScyllaDBとは

計算資源を取り巻く環境が激変しています。わずか数年前までは、想像もしなかったレベルの計算資源(高コア数、高メモリ、高スループットのストレージ、高ネットワーク帯域)が普遍化しつつあります。

ScyllaDB(スキュラDB)とは、Apache CassandraをJAVAからC++でリプレースし、Cassandraより10倍以上高速であり、ノード数は1/5~1/10に圧縮できる異次元のデータベースです。Cassandraとは互換性があり、開発ではCassandraのドライバ―やCQL、各種コネクター、CLIなどをそのまま利用できます。

ScyllaDBの生い立ち

ScyllaDBの創業者は元KVMの開発者であるAvi Kivity氏。当初、Dockerの様なUnikernelを開発していて競合していたが最終的にはDockerの方が広がり、製品化を断念。このUnikernelの基礎技術を使って、HadoopCassandraKafka等のストレージエンジンの高速化に関わっていた。この時から開発言語として、C++をベースにし、最終的にCassandraに絞って製品化したのが、ScyllaDBである。2015年には、αリリースを出し、現在に至っている。
ー鈴木一平氏よりー

ScyllaDBの特徴

ScyllaDBは、現代的なハイエンドサーバでより輝きますが、ベンチマークではローエンドサーバでもCassandraより高速という結果を出しています。ScyllaDBが高速であり、ノードの数を圧縮ができるのは、単にハイエンドサーバに依存しているからではなく、次のような先進的な取り組みをしているからです。

  • CPUコアを余すことなく働かせてくれる(NUMAアーキテクチャー対応、コア毎のポーリングスレッド)
  • オンメモリDBではないが、データをメモリに効率よくキャッシュしてくれる(そもそもC++実装でJVMという地雷を除去、不評だったCassandraのデータキャッシュ回りを徹底改良)
  • ノード間で高速のデータストリームを実装(圧縮とSSTableダイレクトの書き込みを行うScyllaストリーミング)

ScyllaDBのユーザとして非常に嬉しいことは、次の通りです。

  • CassandraをC++でリプレースし、JVMの管理から解放される
  • Cassandraよりもクエリレスポンスが各段に高速である
  • Cassandraと互換性をと持っているので、開発ではCassandraのドライバ―やCQL、各種コネクター、CLIがそのまま利用できる。既存のCassandraの置き換えであれば、IPさえ正しければ接続できる。
  • Cassandraの高可用性、高拡張性はキープしている
  • 同規模のCassandra構築よりもノード数を「1/5~1/10」ぐらい圧縮できるためにトータルコストが下がる((スケールアップファースト))
  • 最適なパラメーター設定を専用のユーティリティがやってくれる(scylla_setup)

現代的なハイエンドサーバとは

ここでは、次のような計算資源を言っています。 数十コア以上のvCPU、数百GBを超えるメモリ、10GB以上のネットワーク帯域、 MAXスループットが「1GB/1Sec」を超えるストレージ

スケールアウトオンリーののクラスター設計思想

スケールアウトオンリーの思想の下で設計されたNoSQLは、現代的なハイエンドサーバを働かせることができないために、計算能力の拡張はスケールアウトのみに依存しています。これは、故障率をわざわざ買うような設計思想であり、調達や開発、運用コストなど、すべてがノード数とともに膨らんでいきます。   

スケールアップファーストのクラスター設計思想

ScyllaDBは、現代的なハイエンドサーバを十分に働かせることができるために、スケールアップファーストの思想でクラスターを構築し、同規模のデータ処理では、ノード数を「1/5~1/10」に圧縮し、トータルコストを顕著に下げることができます。スケールアウトは、禁じ手ではありませんが、もはや唯一の選択筋ではなくなっています。

日本語の記事

スケールアップファーストのNoSQL、ScyllaDB

ScyllaDBのスタンドアロンクラスタ―を構築してみる

ScyllaDBのマルチノードクラスタ―を構築してみる

Building a Mutant Monitoring System (MMS) Day 1やってみたメモ

Finished Events View all events (1)

Ended 2018/10/10(Wed) 19:00〜

ScyllaDBユーザー勉強会 #1

awk256 awk256

東京都千代田区神田佐久間町3-6 M's WORK BLDG 2F

10/25